選択と集中 @エッセンシャル思考 (著)グレッグ・マキューン

生きる
この記事は約5分で読めます。

本日ご紹介する本 『エッセンシャル思考』

みなさんこんにちは。

今日は2014年に日本で初版が出版されております

『エッセンシャル思考 最小の時間で成果を最大にする』(著)グレッグ・マキューンを紹介させていただきます。

この本ではビジネスマンのみならず、様々な分野で活躍する人にとっても非常に大切な「選択と集中」に関する考え方が記載されておりますので、

ぜひとも手に取って読んでいただきたい1冊になります。

ピックアップフレーズ

人生の本質を決めるのは容易ではない。勇気と洞察力を持ち、自分の力を最高に発揮できる行動を見定めなくてはならない。そのためには、タフな問いに答えることが必要だ。トレードオフを直視し、本質から外れたものごとを断固として切り捨てなくてはならない。……

本当に明確な目標だけが、自分や組織の力を最大限に引き出し、真にすぐれた成果を可能にしてくれるのだから。

P161 第10章 目標 「本質を見据えて生きる」より

フレーズの考察

それでは今回のピックアップしたフレーズについて考察していきます。

まず大事なこととしては、何事も行動に移す前段階で、その行動の方向性が自分の中で本当に正しいのか、について見極めることです。

なぜなら、その方向性が間違っているまま行動に移してしまうと、本来目指すべきところとは全く別の方向に進んでしまい、

そこに多くの自分の時間と労力を割くことになってしまい、気づいた時には得られるものはあるかもしれませんが、

それ以上に失うものも多くなってしまうからです。

そもそも当書籍のタイトルになっている「エッセンシャル思考」とは何でしょうか。

それは本書の中では様々な表現で記載されていますが、一番シンプルで理解しやすいと思ったフレーズがこちらです。

エッセンシャル思考とは「より少なく、しかしより良く」を貫く生き方だ。

つまり、本当に大事なことを選択し(それ以外の選択肢を徹底的に排除し)、その選択したことに自分の時間を集中させて取り組むこと

がエッセンシャル思考であり、そうすることで本当に大事なことにフォーカスした人生をおくることができるのだと私は解釈しております。

また、トレードオフとは「何かを選択することは、一方で何かを捨てるという選択をすることであるという関係性」のことです。

つまり、人生においてすべてを手に入れることはできないし、そうしようとしてもすべて中途半端になってしまうということですね。

考えてみれば、私もこれまでの人生いろいろなことに手を出してきました。

楽器、カメラ、動画作成、スポーツ、、、

そしてどれもすべて中途半端で、胸を張って自分の特技であると言えるものがないというのが現状です。

色々経験してきたからこそ分かったこと等もありましたが、現時点で「これが俺の特技なんだ!」といえるものが何一つないということは、

つまり、エッセンシャル思考の考え方を用いてどれかに集中して自分の時間をつぎ込み熱中するべきだったかもしれないということでもあります。

実は、この度2020年8月より当ブログも大幅に路線変更しました。

それはなぜかと言いますと、これまでのブログでは自分が何を発信したいのかが迷路に入っていたからです。

セミリタイアに向けた情報を発信しようと、資産運用や節約術、考え方などのカテゴリーを作成しておりましたが、

結局分散しすぎて何のブログかわからなくなってきていました。

そこで、当書籍を読んで、「選択と集中」の考え方を取り入れて、

「読書を通じて人生を豊かにできるような情報だけをとりまとめて発信するブログ」に変革しました。

本のレビューを調べることを目的にネット検索した人々をターゲットとして絞り込み、

それらの人に対して私の目線から書籍の中で大事だと思うフレーズとそれについての考えを伝えることで、

書籍購入の検討に役立てればいいなという目的からこの変革に踏み切りました。(変革というほど大層なものではないですが、、、)

書評レビューが必要な人にとって読みやすい記事にしていけるように引き続き頑張っていきたいと思います!

本フレーズからの学びとこれからの人生に取り入れたいこと

それでは最後にまとめていきたいと思います。

  • 人生の中で本当に大事なことを見極め、それ以外は徹底的に排除する
  • 選択と集中で「より少なく、しかしより良く」を目指す
  • 人生、仕事、趣味、副業等すべてにおいて上記の考え方を取り入れる

最後までお読みいただきありがとうございました。

記事がいいと思ったら

↓をクリックしていただけると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Follow me!

生きる
スポンサーリンク
C – STUDY LIFE

コメント

タイトルとURLをコピーしました