「何事も自分の捉え方しだい」と悟り人生が変わった話

生きる
この記事は約3分で読めます。

何事も自分の捉え方次第

皆さんこんにちは。

新米夫のCです。

今日は、「何事も自分の捉え方しだい」ということに気づきトライしていくことで自ら幸せを掴んでいくことができるという話を書きたいと思います。

幸せを掴む とか言うと、なんだか怪しい人、宗教とかに思われそうですが、

このことに気づいたことで人生の楽しさが増えたので、ぜひ共有したい考え方ですし、

自分自身もこれからも大事にしていきたい考え方なので記事にしたいと思います。

そして、、、

私は宗教など実在しない力を信じるというのが嫌い

というの性格ですので、決して宗教などではありませんのでご安心ください。

今悩みの多い人達にもぜひトライしてみてもらえたらうれしいです。

物事に良いも悪いもない

まず始めに認識するべきこと それが

どんな物事も良いも悪いもない単なる事実である

ということです。

生きてると本当に色々な悩みがありますよね。

  • 仕事の悩み
  • 家庭の悩み
  • お金の悩み
  • 恋愛の悩み

などなどです。

でもこれらって、その事実を「悩み」にしているのってすべて自分の考え方なんですよね

真面目にやってる人ほど、それらの悩みで自分自身を責めてしまいます。苦しいですよね。自分の存在価値を自分で認めれなくなるときが本当に一番つらいです。

怒られるよりも、パワハラされるよりも、自分で自分を認めれなくなることが一番辛いです。

僕自身も一時期自分自身を否定してしまう思考に陥っておりました。。。

僕の場合は仕事でした。別に誰から怒られるわけでもなかったのですが、ひたすら自分の無力さに自分を責めてしまい、自分の存在価値を否定してしまっておりました。

毎日朝起きた瞬間が一番つらいという事態になっておりました。(本当に布団から出れない・・・)

どうにかしないとなと思って、ひたすら読書にヒントを求めて色んなジャンルの本を読んでいました。

その中で、どんな物事も良いも悪いもない単なる事実であるという言葉に出会い、すべてが吹き飛ぶ衝撃を受けました。(すみません、出典は覚えていないですし、一字一句合っているわけではありませんが、こういったニュアンスの文章でした)

それからというもの、この考え方を意識して生きることで、少しずつ自分の思考のクセを改善していくことができました。

今では、どんなこともポジティブ面とネガティブ面から考えてみて、そのあとでポジティブに捉えるというようにしています。

例えば、プレゼンがうまくできなかった、という事象です。

これは単なる事象であり、この事実だけでは良いも悪いもありません。

ここに自分の思考をポジティブ・ネガティブ両面から加えてみます。

  • うまくできなかったことに落ち込み苦手意識を植え付けてしまう(ネガティブ)
  • 次のステップに進むための自分自身の経験値ととらえる(ポジティブ)

といったようにその事象がジャッジされます。

こうして両面から捉えてみたうえで、ポジティブな方を選択することで人生楽しくなるようになりました。

これを徹底すれば自ら幸せを掴んでいくことができる

少し長くなってしまったのでまとめます。

  • 「どんな物事も良いも悪いもない単なる事実である 」と認識する
  • その事実をポジティブ面、ネガティブ面の両面から捉えてみる
  • その上でポジティブに捉えてみる

本当にこの3ステップだけで、自分自身を否定してしまうことが減り、人生に楽しさが増えるようになりました。

騙されたと思ってぜひトライしてみてください。

簡単な3ステップですので(^^)

最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

生きる
スポンサーリンク
C – STUDY LIFE

コメント

タイトルとURLをコピーしました